ドリンクのこと

北海道胆振東部地震による大規模停電を経験してわかったこと

2018年9月6日の午前3時ごろに、北海道で最大震度7の地震がありました。

私が住んでいた地域は震度4でしたので、揺れ自体はそこまで大きくありません。それでも電気が復旧するまでの生活は、日常とは大きく異なるものでした。

いつものブログ内容とは少し違いますが、私が今回の大規模停電で経験したことをまとめています。

地震発生から電気復旧までの約2日間にあったこと

まずは、地震が発生してから電気が点くまでの間に起こったことを思い出せる限りで書いてみました。飲み物を手に入れるためにやったことが中心になっています。

まずは水を手に入れることが急務

地震が起こってまずやったのは、家にある容器という容器に水道水を溜めることでした。

飲み水としてだけではなく、洗顔や洗濯にも使ったので、ここで溜められるだけ溜めておいて正解でした。

我が家は幸いなことに断水はしていなかったのですが、マンションの貯水槽から出ている水なので、いつなくなるかわからなかったためです。前日の夜お風呂に入ったときの水が、抜かずにそのまま浴槽に残っていたので、これも幸いしました。

日が明けてから買い物に行ったのですが、閉店しているお店のほうが多かったので、ちょっと遠いセブンイレブンに行きました。残念ながらお水は売り切れでしたが、ここでお茶やジュース、お菓子を買うことができました。

ミント
ミント
お水以外の飲み物も、ノンカフェインのお茶やスポーツドリンクは売り切れていた
リラ
リラ
その反対に、緑茶やジャスミンティーなどのカフェイン入りのお茶、コーヒー、紅茶、甘いジュースなんかは結構あった
ミント
ミント
このときに買えたミルクティーといちご牛乳はとってもおいしかったな
リラ
リラ
カフェインでの水分補給はあり?」にも書いたけど、カフェインが含まれている飲み物だから水分補給ができないわけじゃないのよね
ミント
ミント
なにも飲まないよりは飲んだほうがいいよ!
カフェインが摂れない人もいるから、譲り合いが大事だね

セブンイレブンからの帰ってくる途中、それまで閉まっていたスーパーがちょうど開きました。ミネラルウォーターが売っていたのですが、2リットルのペットボトル1本500円。

「ちょっと高いな」と思いましたが、これを逃したらもう買えないかもしれないので、1本だけ買いました。お水以外にも、全体的に値上がりしていましたが、このスーパーでカップ麺やガスコンロなどを買って帰りました。

ミント
ミント
ちょっと前に、「サバイバルファミリー」って映画を観に行ったよね
リラ
リラ
ちょっとネタバレになっちゃうけど、あのときはフィクションとして観ていた映画が、すっごくリアルだったんだなって実感したわ

夏の震災中は日射病・熱中症に注意が必要

セブンイレブンと近所のスーパーのおかげで、ある程度の食べ物と飲み物を買うことができました。しかし、今後もし何日も停電が続くようなら、もっと蓄えておく必要があります。薬なども買っておきたかったので、お昼ごろに近所のドラッグストアに行きました。

行ってみると、ドラッグストアの前には大行列が。その日は気温が高く、日差しも強かったので、1時間ほどするとすっかり体調が悪くなってしまいました。

そんな暑さにもかかわらず、私の服装は長そで・長ズボン。余震に備えてということでしたが、この服装でなければここまで体調を崩さなかったかもしれません。

ミント
ミント
余震に備えるのは大事なんだけど、熱中症・日射病対策もしっかりしないと危なかったね
リラ
リラ
まず、首に直射日光が当たって一気に体温が上がっちゃったんだ。帽子はかぶってたけど、首にもタオルを巻いておけばよかった
ミント
ミント
それから、いつもだったら絶対持ち歩くはずの飲み物を、なぜか持ってなかったよね
リラ
リラ
冷静なつもりでも、やっぱりいつもよりうっかりしていることが多かったと思うわ
ミント
ミント
あとは、運が悪いことに生理だったってのもあるけどね…

1時間半ほど並んだ結果、お茶やカップ麺などの飲食料のほか、マスクや冷えピタなど必要なものがたくさん買えました。停電中はずっとラジオを聞いていたのですが、3時間並んでも満足に買い物ができなかった人もいるようです。

ミント
ミント
僕たちは運がよかったよ…

スポーツドリンクやトマトジュースなど、熱中症対策ができそうな飲み物は売り切れでしたが、今思えば、塩飴や梅干しなどは買えたのではないかと思います。

翌日は近所の電気が復旧していた

地震発生の翌日になっても、我が家の電気は復旧していませんでした。ところが、歩いて20分ほどの場所にある友人の家はすでに復旧していて、スマホの充電をさせてもらえることに。

その道中にあった自動販売機でも飲み物が買えたので、ここでやっとノンカフェインのお茶とポカリスエットが買えました。

近所が復旧していたということで、私たちの近所もすぐに復旧するだろうと思っていたのですが、結局復旧したのは7日の21時ごろ。

しかし大きな被害もなく、家族がケガをすることもなかったので、恵まれているほうだと思いました。

ミント
ミント
停電からは復旧したけど、まだ余震は来ているし、気を付けなければならないこともあるよね
リラ
リラ
これからも節電を心掛けていかないといけないし、買い物に行っても手に入りにくいものもたくさんあるよね

震災に備えるときにチェックしておきたいこと

大規模停電の2日間を経験してみて、感じたことをまとめています。よく言われていることばかりかもしれませんが、今まではあまり気にせず流してしまっていました。

実際に経験すると、「失敗した!」ということがたくさんあったので、参考程度に読んでいただけると嬉しいです。

備える場所は本当にそこで大丈夫?

我が家には、2リットルのペットボトル6本分のミネラルウォーターを備えてありました。ところがその水たちが、今回活躍してくれることはありませんでした。その理由は、ミネラルウォーターを保管していた場所が、地下の倉庫だったためです。

私たちのマンションには地下に倉庫があるのですが、エレベーターでなければいけないようになっています。停電になりエレベーターが停まってしまっては、ミネラルウォーターを取りに行くことができません。

なぜ、エレベーターでなければ行けない地下に、水を備えてしまったのか。それは、「停電になってエレベーターが停まる」という発想が湧かなかったからです。

万全だと思っていても、いざ本当に震災を経験すると、備えに穴があった、ということはよくあることなのではないかな?と思います。

これを回避するためには、1度だけではなく、定期的にイメージトレーニングをして備えておくことが大切だと思いました。

熱中症・日射病の対策は万全?

先ほども書きましたが、お店の行列に並んだときに、やや体調を崩してしまいました。その理由は、ずっと炎天下にいるのに、熱中症・日射病対策をしっかりしていなかったためです。

余震に注意しなければならない状態のときは、できるだけ長そで・長ズボンのほうがいいかもしれません。そのときの私の服装は長そでのワイシャツにジーパンでした。

ジーパンは締め付けがあるので、もっと風通しのいいズボンをはいたほうがよかったと思います。また、カチッとしたワイシャツも、熱がこもってしまう感じがしました。

その後、上は吸水性のある半そでシャツに薄手のカーディガン、下はジャージに取り替えたところ、かなり体調が回復しました。

炎天下の行列に並ぶときは、飲み物・帽子・タオルが必須です。帽子とタオルで頭と首を守りましょう。帽子ではなくヘルメットをかぶっている人もいましたが、余震対策もできて賢いですよね。できれば、冷えピタなどを首の後ろに貼ると、熱が溜まりにくくなります。

「いざというとき」に備えすぎてない?

「いざというときのために水を蓄えておかなければ」という気持ちが強くありました。

私はもともと、かなりたくさん水分を摂るほうなので、「喉が渇いても我慢する」というのは、気づかないうちにストレスになっていたように思います。

また、炎天下で行列に並んでから、やや体調を崩していましたが、このときもしっかり水分を補給しておけば、もっと早く回復したように思います。

いつ余震がくるかわかりませんし、電気が復旧する見通しも不明です。不安な気持ちもありますが、あまりにも「いざというとき」に備えすぎて倒れてしまっては元も子もありません。

「飲む・食べる」については、できる限り我慢しすぎないようにしたいと思いました。そのためにも、日々の備えが大切ですね。

まとめ:日常であるうちにしっかり備えておこう

私はこれまで大きな震災にあったことがなく、防災についてあまり真剣に考えてきませんでした。

それでも、「一応は備えておこう」と考えて、リュックに避難用のグッズなどを詰めてはありました。しかし、食べ物の賞味期限が切れていたり、必要なものが足りなかったりと、いろいろな不備が見つかりました。

いざ震災が起こると、冷静なつもりでも少し焦りがあるのか、私も家族も、普段だったら絶対にしないようなミスもしています。

いろいろなところで言われていますが、まだ日常であるうちに、しっかりと備えておくことが大切だと痛感しました。

北海道は停電から脱したというだけで、まだ余震もあります。大きな被害に遭われた方もたくさんいます。そうした方たちのことを考えると、自分ぐらいの被害で「被災した」というのもどうなのかな?という気持ちもあります。

それでも、これから復興に向けて、自分たちにできることをやっていくしかないですよね。まずは節電に励みたいと思います。

取り留めのない文章になってしまいました。読んでくださりありがとうございます。